スポーツなど趣味の分野で活躍するメガネ!

メガネは最早、ただの補助具ではない

「メガネはファッションの一部」。そんな考え方も、今や当たり前のものとなりました。さまざまな服装やシチュエーションに合わせてメガネを選ぶのは当然、おしゃれな人は、いくつものメガネをコレクションしていることも珍しくありません。
そしてメガネのファッション性の向上にならうように、その機能も多様性をそなえるようになってきました。
たとえば最近、デスクワークの現場では、パソコンが発するブルーライトをカットすることによって眼への負担を軽減する「PC用メガネ」を利用している人も多いのではないでしょうか。いまや、メガネは単なる視力の補佐という役割を果たすものではなく、より積極的に使用者の活動をサポートするものとなっているのです。

スポーツや趣味を十分に楽しむために

メガネのファッション性の高さは先ほども述べた通り。それは、スポーツ用のメガネであっても例外ではありません。そのフレームの素材についても、軽量化がはかられ、またノーズパッドやヘッドグリップ部分にゴムを用いることによって、よりフィット感を出すことを可能にしたものも。またその形状は、ずれ落ちを防止するようになっているのはもちろん、メガネによっては向かい風やほこりの侵入を防げるように顔を包み込むタイプのものがあり、ランナーや自転車乗りの人にもおすすめです。
また、レンズについてもバリエーションが豊かになっています。路面や水面の反射光をカットする偏光レンズをもちいたメガネは、ドライブや釣り、またスキーなどのウィンタースポーツにおすすめ。紫外線量によって色を変える調光レンズはアウトドアに向いています。